美容外科のイメージ

テレビコマーシャルや、雑誌や車内広告などで頻繁にみかけるようになり、美容外科という存在は最近では珍しいものではなくなりました。しかし“美容”という言葉が付いているのでイメージとしてはエステサロンに近いのではないかと想像をされる方も少なからずいるでしょう。確かに、美を追求したい女性にとって美容外科は頼もしい存在であることは間違いありませんが、実はエステサロンとは一線を画すもので、れっきとした医療機関です。正確にいうと、美容整形手術などを専門とした診療科のひとつとして分類され、医師免許を持った専門の医師によって診察・治療を施される場所になります。

“整形”という言葉から、“整形外科”の仲間と勘違いされることもあるようですが、整形外科とは骨や関節、筋肉など運動器を正常に機能させるための治療を行う分野で、美容外科は皮膚科や形成外科の専門医が携わり、“整形外科”とは全く異なる分野です。美容外科は医療の専門分野であることは間違いないのですが、ひとつだけわたしたちが気にかけなくてはならないことがあります。一般的な医療費には保険が適用されるものですが、美容外科の多くは保険が適用されないのです。

そもそも美容外科に関する治療は、命には全く関係ない、言い換えれば「必要のない治療」「治療しなくても生きていける」ものなのです。治療を受ける本人の自由意志であり、受けなかったからといって死ぬことも困ることもありません。美容外科治療は内臓疾患やけがに対する治療とは違うという解釈が通例で、保険は適用されず本人の全額負担になるというのが実情です。従って、美容外科というとお金がかかりそうだというイメージを抱かれている方も多いでしょう。

 

Copyright © 2014 日本の美容外科 All Rights Reserved.